スポーツなどをしている人はよりレーシック難民に注目してみよう

スポーツの際に眼鏡やコンタクトレンズが邪魔になるのでレーシックを受けようと考えている人も多いかと思われますが、そのような人はよりレーシック難民について知っておく必要があるでしょう。
このような言葉を聞くと、それは一般人にのみ該当されるような症状のように感じますが、実際にはかつてテレビの中で大活躍していたような有名なスポーツ選手にも該当するのです。
サッカーや野球のプロスポーツ選手にもこのような状態になってしまっている人もいて、適切な治療を受けることができない状態で、成績まで落ち込んでしまったという人もいるのです。
スポーツ選手と一般人とでは、目の使い方が異なっていて、日常生活では問題ないような症状でも、スポーツ選手にとっては選手生命に関わるようなトラブルに発展するようなこともあります。
レーシックの手術には、非常に多くの合併症や後遺症の可能性があって、手術によって視力が回復したとしても見えすぎて生活に支障が出てしまうということすらあるのです。
一般人であってもこのような合併症や後遺症のリスクはあるのですから、より視力の重要性が高いスポーツ選手はさらに高いリスクの可能性について考えておかなければならないのです。
スポーツで生計を立てているような人達がレーシック難民になってしまうことは、生活を脅かすような脅威でもあるので、十分にリスクを把握した上で手術を受けるかどうか決断したいものです。
把握すべきリスクとしては、まずこの手術にはどのような合併症や後遺症があるのかの詳細を知っておくとよいでしょう。
軽度の合併症としてドライアイがありますが、これは手術をした人の多くが経験する合併症でもあり、場合によっては後遺症として長年に渡って症状が見られる場合もあるのです。
また、夜間に光がにじんで見えてしまったりするハログレアという後遺症にも注意が必要で、これによって全く夜間の運転ができなくなってしまった人などもいるのです。
さらに、過剰矯正による見えすぎなどにも注意が必要で、高い動体視力を必要とするようなスポーツ選手にとっては選手生命を脅かされるような致命的な後遺症となることも十分に考えられます。
このようにこの手術に関わる後遺症や合併症の一例を挙げただけでも、高いリスクが伴う手術であるということがわかるかと思われますので、そのリスクをできるだけ減少させるためにも、自分に合った手術法と優れた手術を行ってくれる医師選びは確実に行っていきたいものです。