レーシック治療にかかる費用はだいたいどのくらいなのかの説明です

レーシックの手術にはかなりの費用がかかると思われていますが、実際は低価格で治療をしてくれる病院があります。
普通の費用代は両目でだいたい20万から30万ほどの結構なお値段がかかります。しかし、マイクロ・レーシックやプラチナ・レーシックといったプランでは、両目10万円もかからずに手術が受けられます。格安で6万といった値段で受けられます。それらはマイクロケラトーム(電子カンナのような器具)といった道具を使用して、手動操作でフラップを作成する、旧来の術式で手術します。
最近では、手術を受ける前にある、適性診断を無料でしてくれる病院もあります。手術後の保障などは病院によってまちまちですが、いいところでは一生涯も保障してくれるのでとても安心して受けることができます。
レーシックは手術代は前に述べた通り、安くしようと思えば安くできますが、その他にもたくさんの費用がかかります。
手術後には術後翌日、1週間後、1か月後、3か月後と定期的な検診を受けることになります。診察代は3000円程度ですが交通費などもかかるのでなかなかの額になります。
また、術後にドライアイになる人も多いので目薬代などもかかります。
このように述べてきて、一生コンタクトやメガネ、よりも安く済む場合もあります。しかし、手術を受けたことで様々な後遺症が出てき、それによってまた費用が多くなり相当お金がかかるという事例もでています。後遺症の場合は、保障が適用されにくいのでほぼ自腹になったりします。後遺症がでると初年度に多い人で100万ほどの治療代がかかります。
後遺症が出てきてしまう確率は3パーセントとあまり高い率ではありませんが、100人のうち3人もの人が後遺症がでると考えるとなかなかなものだと思います。その上、お金の問題だけではなく肉体的にも精神的にもかなりダメージを受けることとなります。
それならば高価格の手術を受けようと考える人もいると思いますが、値段が高いからといって後遺症がでないとは限りません。
このように手術代はそこまでしなくても、その後にどのくらいのお金がかかるかは、想像もつかないものです。一生コンタクトやメガネのほうが高くつく場合もあったり、手術したほうが逆に相当なお金が消えてしまうということもあります。よくよく考えて手術を受けるか否かを考えるべきです。最近では状態が悪くなると手術前の状態に戻すことのできる視力矯正もありますのでそちらも選択肢にいれておくことをオススメします。